つらい痛みに効く!変形性膝関節症にも効果的なサプリがあります

レディ

服用の目的を考えましょう

はちみつ

美味しく無理のない服用を

抗酸化作用や抗菌・抗ウイルス、抗腫瘍、抗アレルギー作用など、多様な効果を持つのがプロポリスです。原液を活用することが効果的とされていますが、クセや刺激が強く、飲み方に工夫が求められます。水やジュースなどで希釈するのが一般的です。なお、プロポリスの原液には、ビタミンCが含まれていません。ビタミンCが豊富なレモンやハチミツで補うと、効果が高まります。また、1度に摂取しすぎないことも重要なことです。プロポリスは、医薬品ではないため、副作用のない安全な食品です。しかし、飲みすぎは禁物です。胃などへの負担を和らげるためにも、適量を飲み続けることを意識しましょう。体にしっかりと吸収させたいという方は、空腹時の服用がおすすめです。プロポリスの効果は、継続することでメリットを感じることができます。美味しく続ける工夫と、無理のない服用を心がけましょう。

産地で異なる特徴

ご存知のとおり、プロポリスの原液は、ミツバチが作る天然由来成分です。したがって、プロポリスの成分は、産地のミツバチの種類、気候、生息する樹木の種類などによって左右されます。プロポリスの原産地は、ブラジル、オーストラリア、中国が有名です。それぞれ、特徴がありますので、確認しておきましょう。まず、ブラジル産については、抗癌作用をはじめ、免疫力を高める作用が強い特徴があります。これは、ブラジルのミツバチが強力な種類であることと、外敵が多い森林環境が影響しています。これによって、強い作用を持った、強力なプロポリスが必要となるのです。オーストラリア産については、ユーカリの木が由来であることが特徴です。殺菌力が強いことでも有名な特徴があります。環境汚染が少ないため、安全性の高さにも定評があります。また、中国産は、ポプラの木が由来とされています。ポリフェノールなどのフラボノイド類が多く含有され、抗酸化作用が強い特徴があります。美容や若返りに適していると言えます。このように、プロポリス原液を選択する際には、産地で選択することも重要です。何のために服用するのかを検討し、適した選択を行いましょう。