つらい痛みに効く!変形性膝関節症にも効果的なサプリがあります

ウーマン

健康な状態にする

背広のメンズ

眼精疲労を感じている場合は仕事環境を改善させると大きな高価を発揮して、健康食品との併用でさらに改善出来ます。ブルーベリーの他にも有効成分がいくつかあり、眼精疲労に対処する力が強くなっていて購入の仕方も工夫されています。

もっと読む

服用の目的を考えましょう

はちみつ

プロポリス原液は、ビタミンCとの相性が良く、レモンやハチミツと一緒に飲むと、飲みやすさと効果の両面で効果的です。なお、プロポリスは産地によって特徴があります。ブラジル型は健康維持に最適です。オーストラリア産は抗菌作用に優れ、中国産は抗酸化作用に優れています。目的に合わせ、適した選択をしましょう。

もっと読む

軟骨の劣化を防止するため

膝を押さえる人

骨の異常な修復が原因

膝関節では、膝の上の骨と下の骨とがつながっていますが、その骨の間には軟骨があります。軟骨には衝撃を和らげる弾力があるので、これにより膝の上下の骨は、大きな衝撃を受けずに済んでいるのです。ところがこの軟骨が劣化すると、骨は衝撃を受けやすくなります。その衝撃によって欠けていくのですが、欠けても骨は、自然治癒力で徐々に回復していきます。ところがたびたび欠けていると、骨が本来とは違う形に修復されることがあります。これが続くと、変形性膝関節症となり、膝を動かすこと自体が困難になっていきます。したがって変形性膝関節症を予防するためには、膝の軟骨の劣化を防ぐことが必要と言えます。軟骨は、コンドロイチンやコラーゲンとヒアルロン酸でできているので、これらを摂取すれば、劣化しにくくなります。

具体的な予防方法

軟骨の70%ほどは水分なのですが、軟骨に水分を直接与えたとしても、すぐに抜け出てしまいます。そのため軟骨には、水分を保持するための、上記の軟骨成分が含まれているのです。軟骨成分はいずれも、サプリメントによって摂取することが可能です。また、昨今では変形性膝関節症の予防のために、グルコサミンのサプリメントも飲まれるようになっています。グルコサミンを摂取すると、上記の軟骨成分が体内で合成されやすくなるからです。また、軟骨は重みによって劣化しやすくなるので、変形性膝関節症の予防には、体重を減らすダイエットも有効とされています。もちろん、重い荷物を持ち上げたり、ジャンプしたりすることも、軟骨に負担を与えます。つまりこれらを控えることも、変形性膝関節症の予防につながるということです。

頭が良くなる魚の成分

サプリメント

DHAとは、青魚の脂肪に多く含まれている健康に良い成分の一つです。EPAとともに多く含まれ、サプリメントでも一緒にしたものが多くあります。DHAは脳の細胞を活性化して記憶力の向上の効果があることが特徴的です。

もっと読む